« やっぱり最初は | トップページ | 何をしようとしているの »

Notation

このweblogでの人名の扱い

ある人が公に何か発表した場合(そして私がそれに言及したい場合)はその人の名前を出して明確にしています。
そうでない場合は基本的に人の名前はイニシャルあるいは匿名です。
よって言及されている出版物は基本的に同定できるようになっています。
研究会などの場合も同じです。その人がどこで何をしゃべったという公の記録が残っているような場合(つまり極秘の研究会でないとき)は、発表者の名前は伏せていません。会場で発表に対して質問、コメントなどした人たちの名前は(それが知人である場合がけっこうあるのですが)イニシャルあるいは匿名にしています。単に会場で見かけたという人たちも同様です。

呼称は、日本人の場合、それがレトリックを狙ったものでない限り、地位や年齢に関係なく「さん」を用いています。
外国の名前の場合は、名前だけの場合もあるし、Dr.やMr.をつけている場合もあります。

このように注意して書いているつもりですが、外れていたら指摘してください。


語とレトリック

primarily 自分用のメモ書きなので、まじめに校正していません。
よって、私の云わんとすることと使ってある日本語/英語がズレている場合が多々ありえます。(それでも自分では何が言いたかったのかわかるので機能は果たしています。)
とくに、日常会話のノリでレトリカルな言葉をガンガンはさんでいたりするので、全部をまともに受け取るとこのズレに足を取られる危険が高まります。ご注意下さい。
もちろん、質問していただけば、どこがレトリックでどこは専門的な意図で書いているのかは古い記事でもすべてお答えできるはずです。

|

« やっぱり最初は | トップページ | 何をしようとしているの »

Ω 欄外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/5959903

この記事へのトラックバック一覧です: Notation:

« やっぱり最初は | トップページ | 何をしようとしているの »