« 複数の説明レベルとそのつながり | トップページ | OCW »

mitochondria-assembly hypothesis

私はここ以外にもいろんなところで文章をかいてますが、当初は私なりに区別というか、「ここではこんなジャンルのことを書こう」みたいな決まりをつくっておりました。
がしかし、んー、方向転換。というか幅を広げよう、ここで書くことの。
と思って、これは今までとはちょっと異色かもしれませんが、全体的なネタ幅が拡大されたと思ってください。
飛んだ話も書きましょう。(といっても意外と本人はまじだったりするんだけど。)

先日、某さん(複数)と一杯やっているときに話題に挙げたのをきっかけに、しばらくの間、昔のモノを掘り出していた。ここではオリジナルの説と、その後今回確認して「やっぱりそうだったよな」とうなずいた事柄について書く。

私の mitochondria-assembly hypothesis とは、なんと!ミトコンドリアがわれわれの心の正体ではないか、という二流SF級のとんでもない説である。
んで、「それってパラサイト・イヴみたいだね」という某さんの発言を受けて、「そういえばパラサイト・イヴはミトコンドリアが話の核心だったのは覚えてるけど、あれって細かく言えばどう考えてたんだっけ?」と、棚をゴソゴソ探すことになったわけだ。
で、(もしかすると理解がまちがってるかもしれないが) あれは、長年潜伏していた(核のためにせっせと働いていた)ミトコンドリアが意志を持って逆に人間を支配する、というスジみたい。
というわけで、私の説とはちがーう。
私の説は、ミトコンドリアそのものが「われわれ」だ、というものだ。われわれの体の中に主体としての「わたし」と「ミトコンドリア」の2者が存在して・・・みたいな話ではない。いまこうしてしゃべって、ここに字を書いて、笑っているコイツの正体がミトコンドリア(群)だというのが、この説である。
まあ、だれもまともには取りあってくれんがね・・・。
しかも私自身もこれを激しく信奉しているわけでもないし。。
まさにネタだな。

|

« 複数の説明レベルとそのつながり | トップページ | OCW »

Γ 生物学の諸問題」カテゴリの記事

Δ 心理学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/479019

この記事へのトラックバック一覧です: mitochondria-assembly hypothesis:

« 複数の説明レベルとそのつながり | トップページ | OCW »