« 自走式掃除ロボット | トップページ | 私の直観主義 »

R version 2

R の version 2.0.0 がリリースされました。
ついに大台にのったという感じ。
こうなると私のほうでもそろそろ対応をまじめに考えんといかんな。無事帰国できたらプロジェクトを走らせるか。

R GUI のプロジェクトは思ったほど進んでいないように見える。やっぱりプラットフォーム独立なものを作ろうとしてるから?
個人的な考えだけど、GUI つくるとユーザが離れていくような気がするんだよね・・・。たぶんS言語はほとんど覚えなくてよくなるでしょ。するとSPSSやS-PLUSみたいな感じだよね。で、RユーザもSPSSユーザみたいになってしまう。。私は幅広い学生にS言語(いやR言語か)を覚えてもらったほうがよいと思うんだけど。それには必要に迫られる状況が要る。SPSSレベルのGUIを無償で提供してしまったら、おもしろくないなあ、なんとなく。

これは開発者側の視点に偏った意見なのかなあ・・・

|

« 自走式掃除ロボット | トップページ | 私の直観主義 »

Ζ 教育の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/479025

この記事へのトラックバック一覧です: R version 2:

« 自走式掃除ロボット | トップページ | 私の直観主義 »