« NO BORDER その2 | トップページ | 統計学は難しくない!? »

選挙だ!走れ!社会科学者

今回の選挙はとても興味深いデータが得られる可能性がある。いわゆる分裂選挙だ。
それ以外の選挙区はまあいつもどおりだろう。<-選挙結果がという意味ではない。

自民党議員に票を入れる有権者は何を考えて投票するのか?これに関して、党派の戦いの構図にのっかって普段なら見て取るのが難しい、現代日本人の思考と行動のパターンを弁別することが可能になるのである。
自民党の地区組織に擁立された候補と党本部に擁立された候補、自民党支持者は誰を信用するのだろうか。

私が社会学者や政治学者ならばここぞとばかりにフィールドに乗り出すのだが・・・今どれくらいの人が動いてるのかなぁ・・・。
まあ、なんにしろ、とくに興味深い状況であるのは変わりはない。
学者にとっては格好のチャンスでしょう。

|

« NO BORDER その2 | トップページ | 統計学は難しくない!? »

Ε 社会学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/479103

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙だ!走れ!社会科学者:

« NO BORDER その2 | トップページ | 統計学は難しくない!? »