« 定義を探す学問 | トップページ | 心理学での流行に物申す »

分子生物学のセントラル・ドグマ

分子生物学のセントラル・ドグマとは、不可逆性である。
遺伝暗号の翻訳のしくみの不可逆性である。

これはDNA→RNAでの話ではなく、RNA→proteinの部分の話である。
よく間違えられる。
RNA→DNAはあり得ることがわかっている。

もちろんこの不可逆性は他と同様、単なる説である。が、みんな信じている。
だからこそセントラル・ドグマである。

これが否定されると、後天的獲得形質のDNAによる遺伝をまじめに考えねばならなくなる。

|

« 定義を探す学問 | トップページ | 心理学での流行に物申す »

Γ 生物学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/720046

この記事へのトラックバック一覧です: 分子生物学のセントラル・ドグマ:

« 定義を探す学問 | トップページ | 心理学での流行に物申す »