« 哲学との付き合い方 | トップページ | ceteris paribus »

これまでに「国は何のためにあるのか」についていろいろな側面を個人的に検討してきたのだが、2年ほど前に一つの結論に行き着いた。

この世のすべての人が完全に合理的な人間ならば国はいらない。

そうでないから、そのようなものが入用になるのだ。

だから、もし人間並みの行為ができて完全に合理的なロボットなど作ることができたとしたら(私は不可能だと思うが、空想上で)、その場合はロボットの国などは現れない。

よって、SFでロボットに完全な合理性を仮定しつつ国を形成しているようなものがあれば、論理的に矛盾している。

|

« 哲学との付き合い方 | トップページ | ceteris paribus »

Δ 心理学の諸問題」カテゴリの記事

Ε 社会学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/478998

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 哲学との付き合い方 | トップページ | ceteris paribus »