« 標準偏差の不偏推定 | トップページ | 複数性はvarious perspectivesだけではない »

脳の一部分の変化から何がわかるか

先日の研究会で、「脳の損傷後に行動的に特異な変化が見られたからといって、それにとってその部位が必要とも十分とも意味しない」という内容の発言をした。
ここで言う損傷とは、例えば Phineas Gage のような事例を思い浮かべてもらってよい。
すぐさまその場で参加者のSさんから「十分でないというのはわかりますが必要だということは意味するのではないですか?」という反論をいただいた。
が、そのときは会の議論の焦点がそこではなかったこともあり、十分に説明しないまま流してしまったので、ここに書いておく。

上の反論にもあるように、ある脳部位の変化(損傷)が原因となって現象的変化や行動傾向の変化などが生じたとして ―その変化を引き起こしたのはその損傷なのだという因果関係を特定できたというこれはこれで要注意な前提のもとで―、その脳部位がその特定の体験変化をもたらすこと(例えば常に不安でたまらなくなるとか)や特定の認知的機能(例えば顔の識別など)の十分条件であるということは結論できない、ということのほうは、比較的理解してもらいやすいのだろう。
念のため説明しておくと、その部位が正常intactであっても、他の部位(例えば隣の部位)が損傷することで同じ症状を引き起こすかもしれない。だから、(定義上の)正常な体験や身体機能(音が聞こえるとか手で目の前のものをつかめるとか、などなど)のためにはその部位が正常であるだけでよいという主張は、部分的損傷によってその機能が損なわれたことだけからでは導けないのである。

さて、十分性のほうはよいとして、必要性のほうも私は否定している。

十分性の場合と同様に(よって文を簡単にするが)、ある脳部位が損傷することで何か体験的あるいは機能的変化が生じたとする。しかし、だからそれらの体験なり機能なりにその部位が正常であることが必要だったのだ、とは言えない。なぜなら、他の条件が何か変わることで、たとえその部位が損傷したままであっても、当該の体験なり機能なりが復活するかもしれないからである。その可能性が残っているなら、その部位が必ず正常でなければならないとは言えないはずだ。実際に、機能回復する例はある。

だから、脳の損傷からは(単独では)必要条件も十分条件も含意されないのである。
このことはもちろん脳疾患にも当てはまるし、それどころか多くの脳の活性部位の研究(最近流行の脳イメージング研究を当然含む)にも当てはまる。
特定の部位の変化(活性化だったり病変だったり)と行動パターンが相関するのをひとつ見つけたからって、(それはそれだけでは必要とも十分とも含意しないんだから)大したことは言えないのである。それによって示唆されるのは、「何か関係があるかもね」というヒント程度なのである。
そうそう、多くの人が賛同するように、病変のほうが脳イメージング研究よりも理論を画期的に発展させる見込みが高いだろう。しかしこれは、特定の脳部位がどうこうという(原因の精緻化に関する)理由ではなく、行動パターンのほうについて意外な情報が得られるという理由がもっぱらメインだと私は思う。行動と脳部位との関連性を匂わせるという点においては、ここに上げたどの情報源でも同じだから(もちろん同質ではないが)。
それと、必要十分の話からはどんどん脇にそれるが、多くの人(特に患者に接するのではなく専門家のまとめ報告を読むだけの周辺知識人)が見逃していることには、脳のある部位に傷がついたからって特定の症状が100%出るなんてことはそうないのである。おもいきり個人差があるのだ。とくに突飛なことが起こる症例が目にとまりやすいからそれが興味深く報告されているだけであって、昨今増えているそういう脳科学の本を読む人は、それがすべての人に起こっていると思ってはいけない。半側空間無視だって分離脳だって盲視だって全員ではないのだ(もちろん、ものによってその現象が生じる割合が高いものもあるし、精度が上がれば将来はほぼ確実な物理的対応物を限定できるものもあるかもしれない。実際、例えば脊髄を切れば体は確実に随意運動しなくなる)。だから、神経疾患や損傷が必要条件を示していると考えている人の根拠そのものすら危うい。

話を戻すが、実はこの必要性、十分性の証明不可能性の話は、脳の外傷、病変、活性化などの知見に限らず、脳科学にも限らず、生物学にすら限らず、あらゆる経験的探求に共通するものなのである。
必要とか十分とかいう概念は論理の領野のものである。それは必然について語るのである。そして、自然世界についての探求がそれと対照的にいくらがんばっても必然へ格上げできないということは、大昔から学者が指摘してきたことである(ごく最近はそれに奇妙な対抗をする人もいるようだが)。だから、上の脳損傷に関する知見の扱いについての指摘は、取り立てて目新しいことを言っているわけではないのである。

もちろん、脳疾患や損傷や部分的神経活動の研究に何も意味がないと言っているわけではなく、それらはヒントはくれる。ので、何が原因なのか、どういう仕組みなのか、どんな条件があるのかなどは複数の知見を加味して全体的に判断するしかないということだ。そしてそれ(neural implementationの研究)は大部分心理学の仕事に依存している。

ああ、この項で散々ブイブイと言ってきたが、「部位」ということを考えるのがそもそも脳機能局在を前提している。そしてそこんところに賛成しない人が現在も結構いるはずだ。もちろんこれは「局在の主張はマップする機能が何であるかに依存する」というweakな立場の人も含むが。
局在論は可塑性と仲が悪いし、もっとfamiliarなことには、脳の空間的配置と延長に個人差があることも局在論の困難を増やす。しかも場合によってはほとんどtype identityを主張しかかっている。
私が言いたいのは、部位の話をするときは、それが「いまこの瞬間にその部位がこれこれを担っている」ということと「これこれは必ずその部位を要する」ということを区別しなければならない、ということ。しかし、心理学者も神経科学者も平均が好きだから、平均を使っているうちにそれをinvariantと読み違えることがある。注意してね。

|

« 標準偏差の不偏推定 | トップページ | 複数性はvarious perspectivesだけではない »

Α 科学の諸問題」カテゴリの記事

Β 物理学の諸問題」カテゴリの記事

Γ 生物学の諸問題」カテゴリの記事

Δ 心理学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/5743797

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の一部分の変化から何がわかるか:

« 標準偏差の不偏推定 | トップページ | 複数性はvarious perspectivesだけではない »