« 共時性? | トップページ | 法律へのeasy access »

経験科学化したいらしい

認知科学会のシンポに出席しました。

しかしながら、

かなりレベルが低くておもしろくなかったのでディスカッションを聞かずに退出してしまいました。

言語屋さんは、たとえ認知科学会に所属しているような人たちでも、方法論の勉強をしないのでしょうか?
Campbellとかの教科書でいいんで、読んでください。実験心理学者にとっては当たり前のことしか書いてないですけど。
かのシンポの内容は、プロの研究者を集めてあらためてやるようなことではないと思います。学部教育の内容です。

まともな心理学者はみんな知っています。教育学者も知っています。一部の社会科学者すらも知っています。人の頭を経験的に調べるには現状どうするのが最善の策かを。
今一度勉強しようという熱意のある方々は、すばらしいので、これらの分野出身の認知科学者に相談してください。
あるいは共同研究でもいいんじゃないですか。任せられるし。私の周りにも言語屋さんと共同研究している人いくらかいますよ。

|

« 共時性? | トップページ | 法律へのeasy access »

Α 科学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/9351123

この記事へのトラックバック一覧です: 経験科学化したいらしい:

« 共時性? | トップページ | 法律へのeasy access »