« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

分析結果はデータの関数

当然すぎて、言うとバカにされるようなことかと思ってましたが、意外とそうでないっぽいので。

タイトル通り。
そう、統計解析の結果はデータの関数です。

だから、ローデータが内在させている情報以外は出てきません。
そんなものが出てくるとしたら、根拠のない主張をしているか、そのローデータ以外のものが混ざっているか、どちらかでしょう。

以前どなたかが、「データ自体が十分統計量だから」みたいなことを言ってましたね。

だから何だということですが、
分析にかけて得た結果というのは、最初からデータに含まれているのです。
そしてそれはローデータを眺めるだけで見つけられる類の知見かもしれません。
データ分析というのは、「データ眺め」では見つけにくい「データが内在させている情報」を見つけやすくするための補助道具なのです。メガネです。
だから、メガネかけなくても見えるものについては、分析なんて要らんのです。

ぱっと見て明らかなところに、わざとらしく統計分析を適用するのは、やめましょう。
それは冗長なばかりか、「この人はわかっていないで使っているのでは」という疑いを差し挟まれかねません。
もちろん、明らかでないときは必要ですよ。

複雑な計算を自動的にやってくれる統計ソフトを起動する前に、ぱっと見て明らかかどうかを確認するためにぱっと見ましょう。
図も書きましょう。
それでも不明であれば、ソフトさんお願いします、と手を合わせましょう。

エコですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »