« 学問と共有 | トップページ | NHSTの立ち位置 »

ベクトル量

今月の研究会で興味深いネタを拾ったが、Tさんの研究に差し支えるかもしれないのであんまり詳しくは書かない。

単位に依存しないどころか、座標系に依存しない理論って、心理学では私は知らない。不勉強なだけかも知れないが。
というか、ベクトル量(あるいはもっと一般的にテンソル量?)の心理量もたぶんほとんどない。
ベクトルっぽいのは沢山使われていて論文に沢山登場するのに、それは目下の所、個々のスカラーの単なるcollectionと強引に解釈に持って行かれるようだ。

というか、心理学以外でも、物理学以外に理論的措定物に多次元を当てるようなものはほとんど無いのではないか?発展が足らないだけか?

|

« 学問と共有 | トップページ | NHSTの立ち位置 »

Δ 心理学の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/28196421

この記事へのトラックバック一覧です: ベクトル量:

« 学問と共有 | トップページ | NHSTの立ち位置 »