« ベクトル量 | トップページ | 生きることは »

NHSTの立ち位置

今回は非常に消極的なやり方でしか是認できなかった。
この結果はANOVAのそれを思い起こさせるなあ。

p rep は bayesian。
しかしbayesianismが文句なくコミットできるわけではない。でもきれいな切り方がまとまっていない。

今進めている仕事でそのうち、この懐かしい研究テーマである確率のところにもう一度帰ってこなければならないだろうけど、そのころにはおそらくまとまる予感がしている。何かかゆい感じ。

NHSTはもう半世紀ももたないと予想する。

|

« ベクトル量 | トップページ | 生きることは »

Α 科学の諸問題」カテゴリの記事

Η 数理の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/29129450

この記事へのトラックバック一覧です: NHSTの立ち位置:

« ベクトル量 | トップページ | 生きることは »