« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

測定に求める要件

読書会では
R(a1, a2, ..., an)⇔S(φ(a1), φ(a2), ..., φ(an))
を望むところとしていたが、実際に現場がほしいものの記述としてはこれは求めすぎかと思う。
理想であることはたしかだが。

もっと緩い条件を念頭に置いて形式化すべきかと思うが、
しかしそうなると数学的にきれいなことにならない(?)。
準同型ではやっていけない。
もっと複雑な形が要るように予想する。

今の私の仕事で、情報損失の発生しうる箇所を5つに分けているが、この本で扱われるのはそのうちの1つ目のみのようだ。しかも、1つ目についても扱っているのは誤観察の問題だけに限られているように見える(全部読破していないので今のところだけど)。
つまりは私たちの仕事ということか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »