« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

vacuous truths

Wikipedia に例文が載っていたので引用してみる。

There exists a set S such that every infinite subset of S has precisely seven elements.

http://en.wikipedia.org/wiki/Vacuous_truth 2010-09-30


vacuous truth はほんとにvacuous なんだが論理的には痛いところを突くことがある。

表面的にもつまらない truth もたくさんあるが、この例は初学者の興味をそそるよう作ってあってナイス。

述語論理について以前に触れた話とも関わるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロボット、人、こころ

学会レポ

日心シンポにて、岡ノ谷さんは私とまったく同じことをおっしゃってましたな。
しかも彼はマジでこれを追究しようというのだから(そのように聞こえました)、肝が据わってます。

岡ノ谷さんは、その経歴上自然かもしれませんが、ミラーシステムをキー構成素として入れていました。思い入れがあるのでしょう。
対して、私の説は、ミラーニューロンにこだわりミラーシステムが関わらなければならないと限定する必要性は無い、というスタンスで論じています。私の説のほうが一般的だと言えるのかもしれません。
いまのところ抽象的「ミラーシステム」の必要十分条件が不明なので、さらに踏み込んでそれが要る要らないを議論することができません。
視野が違うのかもしれませんね。私の場合は人間学ではないですから。


それにしても、石黒さんが自己意識を拒否してきたのには驚きました。
私は、彼は工学者なので、そのあたりのことにはコミットしないという距離をおいた立場なのかと思っていましたが、やはり年をとると突っ込んでいきたくなるのもなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »