« 将棋の盤面数 | トップページ | 休 »

因果関係は主観的ではない

釘を刺してみる。

http://blog.livedoor.jp/khideaki/archives/50846818.html
http://d.hatena.ne.jp/Kow/20070109

詳しくは、拙著「本当の科学ガイド」に書いているので、其方をご覧いただきたい。

ここでは、かいつまんでだけおくと、

現代科学の基本的な存在論としては、因果関係は事実の範疇とされている(実在論)。
それを否定することは、確立されている科学理論の多くを否定することになる。あなたの日常生活を日々助けているそれら(食糧生産とか医療とか建築とか電気機器とかありとあらゆる諸々)も含めて。
否定してはいけないとは言わないが、代償が大きすぎることを踏まえてほしい。

混乱のポイント

・事実としての因果関係と、因果関係の認識を、混同している。科学的枠組みの中でも、ヒュームの議論を因果関係の認識の話題で持ち出すのはよい。因果関係の認識において何が難しいか、何に注意しなければならないかなど、示唆が得られる。しかしそれだけでは、因果関係の存在を否定するには足りない。

・因果関係の概念を分析しようとするのはよいことだ。しかし結論づけるのが早計である。日常的な(そして科学的な)因果概念を最もよく特徴付けている分析のひとつは、いわゆる INUS condition である。そこで捉えられていることすら満足に考慮できていない。


初学者のために。
INUS condition とは insufficient but non-redundant parts of unnecessary but sufficient condition である。
このくらいのことは Wikipedia にも書いてある時代なので、興味がある方は各自で調べていただければ色々得られると思う。学校でもこれくらいのこと教えればいいのに。

つまり、私たちが日々語る意味での因果とは単純な十分性や必要性ではないことは、その道の人なら百も承知であるというか、常識である。この常識が早く一般市民にも広まってほしい。

また、同様に私がしばしば忠告していることの一つは:
あなたがたの関心のある状況では、ほぼすべての場合、原因はひとつではなく複数ある。なので、あなたが打てる手も複数ある。
これも早く一般市民にも広まってほしい。

|

« 将棋の盤面数 | トップページ | 休 »

Α 科学の諸問題」カテゴリの記事

Ζ 教育の諸問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/26863/40988201

この記事へのトラックバック一覧です: 因果関係は主観的ではない:

« 将棋の盤面数 | トップページ | 休 »